受発注の管理が大変!複数のネットショップを簡単に管理できる一元管理とは!?

作業効率アップの近道は一元管理にあり!

複数のモールにネットショップを出店していると、店舗ごとに商品の登録や受注管理をしなければなりません。これではせっかく新規出店しても、作業量が増えてミスのリスクも高まり、管理も大変です。複数のネットショップの管理体系を一本化し、運営をスムーズに行うのが、一元管理システムです。ネットショップ運営では、受注管理、発注管理、在庫管理、メール送信、出荷作業と、さまざまな業務が発生します。これらを一つのシステムにまとめることで、作業効率アップにつながります。ただし、何もかも一度に一元管理しようとすると、かえって現場の混乱を招きます。部分管理でいいシステムと一元管理するシステムを見極める、段階を踏んで導入するといった、正しい運用が必要です。

一元管理導入のメリット

一元管理を導入すると、各店舗のデータが連携することで、全データを一目で確認できるようになります。まずは在庫管理において、売れたらすぐに全店舗から在庫数が引かれ、常に最新データが反映されるようになります。更新タイミングが合わなくて、欠品なのに受注してしまった!といったミスも防止。在庫の少ない商品でも、複数店舗に出品して売る機会を増やすことができます。商品データの登録も、一括編集できるので何度も入力する必要はありません。受注確認メールや出荷案内メールなどは、テンプレートを登録して自動配信することで送信ミスを減らせます。また、全データの確認が容易なことから、ミスがあった場合も迅速に対応できるのが強みです。作業効率をアップさせることで、空いた時間をマーケティングに使うなど、売上アップにつなげましょう!