売上管理ってどうすればいいの?売上状況と傾向を管理できる集計分析とは

目標を決めて達成できるようにする

会社などで社員として働くとき、目標などは会社が与えてくれます。その目標の意味が分からなくても、何とかそれを達成しようと努力すればいいでしょう。達成できなくても一定の給料はもらえます。これが自分で運営しているネットショップとなると話は変わります。ただ運営しているだけで売上管理をしていないと、経費ばかりがかかって赤字になるかもしれません。そこで目標を決めて達成できるようにします。一般的には損益分岐点と言われる売上目標達成を目指します。固定費と変動費があり、売上無くても必ずかかる費用が固定費、売上に応じて発生する経費が変動費になります。損益がゼロになる売り上げが達成できれば、何とか赤字を防ぎ、生活ができるようになります。

売上傾向を分析してラインナップを変える

ネットショップを運営するとき、商品ラインナップを決めます。インターネット上なので情報自体はたくさん出せますが、上位に配置するものほど検索されやすいです。下に行ったり別ページ程検索されにくく売れにくくなります。適当に配置していては、なかなか売り上げを伸ばせないでしょう。そこで商品別の売上傾向などを分析しておきます。売れ筋は上位に、それ以外は下位などに配置をします。また長期在庫の製品などは割引などをして現金化するようにします。在庫として置いていてもより価値がなくなります。赤字であってもできるだけ高く現金化した方が良いと言えます。商品ごとの分析をしておけば、どんどん仕入れるものや仕入れを抑えるものなどもわかります。